「月刊少女野崎くん]のオープニングテーマ 「君じゃなきゃダメみたい」で現在大ヒット中のオーイシマサヨシさんにインタビューを行いました。


saitamaasahi0829103

 

―今回発売した 「君じゃなきゃダメみたい」についてエピソードを教えてください。ー

 

前回は「ダイヤのA」のオープニングを歌わせていたのですが、僕が作詞作曲したものではなく、今回初めて作詞、作曲をやらせて頂き、凄く気合が入っていました。このお話を頂いてから「月刊少女野崎くん]を読んだのですが、メチャクチャ面白くて、笑いが絶えませんでした。事務所でお話を頂いてから全巻を買ったのですが、待ちきれなく帰りの電車の中で読んだのですが、メチャクチャ面白くて、電車の中で吹き出してしまいました。その時、凄く変な人に見られたのかと思いました。

 

今回の歌はそれだけ気合を入れて取り組みました。でも原作を読んでイメージが浮かんでいたので、曲作りは難航せず、スムーズに行きました。凄くコミカルで、リズム感があって、世界観的には皆がみんな思っている 「君じゃなきゃダメ」みたいなすれ違いを思っていたらこのタイトルが浮かんできました。

 

―タイトルが決まってから歌詞がきまったのですか?ー

 

歌詞が7割くらい決まってからこのタイトルで行こうと決めました。1番の歌詞を書き上げてから、もうこれしかないとも思いました。

 

―今後のライブ活動で目指してる場所はありますか。ー

 

実は僕個人としてはあまり大きな場所ではやってないんですよ。でも出来ることなら武道館の土は踏んでみたいですね。僕は古い考えかもしれないですが、学生時代に憧れたアーティストが武道館の地を踏んでいますので憧れですね。あの時に抱いた志は完遂したいとも思ってます。これから中身の詰まった内容で、音楽としてどんどん届けられるアーティストを目指していかないとまだまだ武道館は先だと思っております。

 

―現在は飛ぶ鳥を落とす勢いの波に乗ってますよね。ー

 

iTunesのランキングでは有難いことに1位を取らせて頂きました。でも僕の最終目標は何なのかって言うと、大きい所でライブをする事ではなく、ずっと音楽人で人生を終えるというのがひとつの目標かなと思います。

 

オーイシマサヨシさん有難うございました。オーイシマサヨシさんとお話しをさせて頂き、他の人が努力をしても出来ない「人を引き付ける魅力」があることを感じました。現在はアニメソングのイメージが強いかもしれませんが、もっと多くの人に彼の歌を聴いてもらい、ライブにも足を運んでもらいたいです。彼は武道館は憧れの場所で、まだその地を踏める立場では無いと謙遜していましたが、武道館よりも大きなさいたまスーパーアリーナでライブを行ってもらい、沢山の人を楽しませ、幸せを届けて欲しいと思います。

 

CLUB 014 大石昌良オフィシャルウェブ

大石昌良(オーイシマサヨシ) twitter

Sound Schedule